blog

2019/06/05 12:04

野菜が苦手という人、特に子供さんは多いですが、
ジャムにすることで美味しく食べられるようになることもあります。


野菜ジャムはフルーツのジャムと同じように、
トーストに塗ったりお菓子に使うこともできるため、
野菜嫌いな子どもでも野菜を食べるきっかけにもなります。


作り方は基本的には、普通のフルーツのジャムと同じですので、
ジャムを作ったことがある人なら簡単に作れます。


ジャムにできる野菜は様々なのも、野菜ジャムの特徴です。


 お子さんが嫌いなニンジンのジャム


レシピとしては、まず人参を使ったジャムを紹介します。

人参と人参の重量に対して0.4倍の砂糖を用意します。

人参は皮をむいて薄切りにし、鍋に入れたら
その上から砂糖を入れて三時間程度放置して水分を出します。

水分が出てきたら、火にかけて煮立ってきたら弱火にして
人参が柔らかくなるまで煮ていきます。

人参が柔らかくなったらブレンダーでなめらかにし、
レモン汁を大さじ1杯程度加えて完成です。


人参だけでは食べにくいという場合には、
リンゴなどと組み合わせても美味しく食べられます。


 以外に苦手な人が多い。トマトのジャム


有名なのがトマトのジャムです。

トマトは湯むきなどをして皮を剥いたらざく切りにし、
鍋に入れてこれも0.4倍ほどの砂糖を入れて火にかけて煮立たせていきます。

弱火にしてアクを取りながらトロミがつくまで煮ていきます。
とろっとしてきたらレモン汁を大さじ1程度加えて完成です。


トースト以外にも、ヨーグルトソースとしても美味しいジャムになります。


 用途が多彩!玉ねぎのジャム


トーストだけではなく料理にも使えるのが玉ねぎジャムです。


玉ねぎ3個を3ミリ程度にスライスしたらオリーブオイルで炒めていきます。

しんなりしてきたらバルサミコ酢と黒砂糖
または普通の砂糖を大さじ2ほどを加えてさらに炒めると完成となります。


好みでシナモンやブラックペッパー、ブランデーなどを加えても
大人好みのジャムとして美味しく食べられます。


ステーキなどのソースやカレーの隠し味、
サラダのドレッシングなどにも使うことができます。

いかがですか?
ご存知の方も多いかもしれませんね。でも、これを読んで、また作ってみようと思って頂けたら嬉しいです。

【農家の野菜 通販】夢ファーム くまい の